変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

信用できない中国のマスク&ラクダのマスク

期待の持てる日本製マスク

www.epochtimes.jp

 

 中共ウィルス(新型コロナウィルス)が世界中で感染する前に、中国は世界中のマスクやマスク材料・製作機械を買い占めて、世界中で感染爆発したら、それを交渉材料にしました。

 

全世界がマスクを求めているときに高く売りつけたり、フランスには5億枚売ってやるから中国の5Gを導入しろと交渉してきました。

 

相手の弱みにつけこむ、卑怯な方法です。

中国人(中共)の本質を見たような気がします。

非人道的な行為です。

 

そして、そのマスクの品質が良いのであれば、まだいいのですが、不良品ばっかりで全く使い物にならず、その場でゴミに変わったり、返品したのだそうです。

 

中国人は面子(メンツ)を何よりも重んじる国民性で、世界一プライドが高いと思うのですが、こういうことを恥とは思わないでしょうか。

 

我々日本人の感覚だと、不良品を作って送ってしまったら、恥ずかしいですし、相手に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

 

虚栄を貼った意味のないプライドではなく、自身が作ったものに対してのプライドといったらいいでしょうか。

隣同士の国であっても、全く考え方が異なります。

 

中国製はマスクに限らず、どの製品においても世界中から信用がないですが、今回の件でさらに評判を落としましたね。

 

 

ジェットタオル

 今回のコロナが流行ったことにより、スーパーのトイレなどに設置されているジェットタオルはだんだんと使われなくなるのではないでしょうか。

 

紙を使わないのでエコだなと思っていたのですが、菌をかなり撒き散らすことが以前から言われていましたし、衛生的ではないのだそうです。

 

やはりハンカチを常にもっていて、手を洗った後に拭くのがベストなのかもしれません。

 

 

店頭のマスク

 あれほど品薄が続いていたマスクですが、今はスーパーでもドラッグストアでも、それ以外のお店でも普通に買えます。

 

山積みされていますが、ほとんど足を止める人はいなくて、たくさん在庫がある状態です。

 

日本製かなと思い、裏を見てみましたが、今も中国製が多いですね。

日本製だと売れやすいと思うのですが、やはりみんな中国製を買いたくないのかもしれないですね。

 

マスクがどうしても無かったときは、「仕方ないから」中国製を使っていたけど、これだけマスクが溢れるようになって、日本製が出回ってくると、みんな質の良いものを買い求めるのだと思います。

 

そして、できれば使い捨てではなく、洗って使えるマスクが欲しいですね。

 

今はマスクの供給量が充分ですが、いずれ第二波・第三波・第四派・・・。などが来ることを想定して準備しておかなくてはなりません。

 

政府にはマスクや防護服・フェースシールドなどの医療物資を充分確保して欲しいです。

 世界中でサプライチェーンの見直しを進めていて、マスクなど医療物資を外国に頼るのは危険だということが、今回のことでいい教訓になって、世界中で自国生産へと進んでいるようです。

 

しかし実際はどうしても自国で生産できずに、輸入に頼らざるを得ない国もたくさんあると思います。

でも、中国製はノーサンキューといった国も多いのではないでしょうか。

 

高品質で信頼のおける日本製のマスクを、国内の在庫を充分確保しておいて、その余剰分を世界各国に、高額ではなく適正な値段で輸出して欲しいです。

 

世界中の医療機関はもちろん、一般市民の方々にも、日本製のマスクでウィルスを予防し、全世界でこの中共ウィルスを駆逐していきたいです。

 

日本には老舗マスクメーカーである大王製紙株式会社をはじめ、優れたマスクメーカーがたくさんあります。

 

そして、今回は本来マスクを生産していなかったにもかかわらず、これだけ人々が困っているということで、シャープやミズノ・パナソニックトヨタ自動車ブリヂストンユニクロなど、有名メーカーが新規参入してくれました。

 

日本の有名メーカーということで、信頼感がありますね。

日本国内で充分な量を確保できれば、世界中の困っている国に、「人道的に」支援して欲しいです。

 

何か困ったことがあれば、力になりたい。ただ単に利益を追求するだけでなく、「社会貢献」を社是としている日本メーカーの良いところだと思いますし、こういった考え方は海外の企業にはないと思います。

 

www.koutai-mask.com

 

日曜日にTBSの情熱大陸という番組で、京都府立大学の塚本康浩さんという教授の方が紹介されていました。

 

ダチョウ抗体研究者の方で、ダチョウの卵(黄身の部分)から新型コロナウィルスに対する抗体を発見して、その有効成分を付着させてマスクを開発していて、既に商品化されているということで、すごく勇気をもらいました。

 

開発したのが日本人ということもありますし、製造しているのも福岡県のクロシード社ということで、品質や性能も信頼できますね。

 

いくら研究者がよくても、中国や韓国で作られたマスクや検査キットは無料でも使いたくないですが、日本製なので、その価値は高まります。

 

 


 

 

 番組の中で、有効成分の入ったスプレーも教授自ら使っていて、今臨床試験に入っているとのことで、これも期待できそうですね。

 

新コロ患者が病院へ行って、注射や点滴をすることなく、鼻にスプレーをするだけで完治できるのであれば、すごく簡単ですし、わざわざ病院へ行かなくても自宅で治療できます。

 

そうなると夢のようですし、感染しないワクチン開発も急務です。

 


 

だんだんと暑くなってきていて、マスクをつけるのが辛くなりますが、洗えるということと、冷感のマスクは、これからの季節にピッタリですね。

 

今は確かにピークは過ぎたように思いますが、まだまだ油断はできません。

第二波のほうが被害が大きくなる恐れがあるということですし、第何波まで来るのか分かりません。

 

気温が低くなる秋から冬にかけて、さらに警戒しないといけないのだそうです。

日本国内はもちろん、世界中でまだまだ戦いは続きます。