AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

親日国であり、日本も好きな台湾との数少ない争点

尖閣領有権

japan.cna.com.tw

 

中国がしきりに挑発し、接続水域だけでなく領海にまで侵攻している沖縄県尖閣諸島ですが、領有権を日本と中国だけでなく、台湾も主張しています。

 

先日、沖縄県石垣市議会で尖閣諸島の住所地の字名を変更し、これについて中国だけでなく、台湾も抗議してきました。

 

台湾も以前から尖閣の領有権を主張してきており、日本との争点になっています。

 

ならば、なぜたくさんの中国船が尖閣にきているのに、台湾の船がそれを防ごうとしないのでしょうか。

もちろん、過去に台湾の船も尖閣に来ていますが、今は来ていないようです。

 

台湾の領海も中国船がたくさん来ていて紛争が起こっているので、尖閣まで手が回らないのかもしれません。

 

台湾蔡英文総統、釣魚台(尖閣諸島)領有権で平和的解決を呼び掛け

領土紛争はシビアな問題です。

国際法上でも明らかに日本の領土なのは明らかです。

 

いくら親日国の台湾といっても、決して譲歩すべきではありません。

 

台湾は他の国と違って、平和的な解決を呼びかけているようで、中国と比べると温度差があるようにも見えますが、台湾と中国はつながっていないようで、実は太いパイプがあるのも事実です。

 

日本が少しでも譲歩すれば、中共の魔の手が次から次へとやってきます。

 

www.fnn.jp

秋の味覚でもあるサンマも、日本に回遊してくる前に台湾と中国がたくさん獲り始めるようになって、日本の漁獲量が激変しました。

台湾や中国は日本のように昔からサンマを食べてはいなかったのですが、日本食が世界中で評価されるようになって、日本の大切な資源が奪われているのです。

 

日本の食や文化が世界から評価されるのは喜ばしいことではありますが、決していいことではないですし、むしろあまり評価されないほうが、自分たちの食料が減らなくて済みます。

 

台湾とは友好的な関係を続けていきたいですが、難しい問題も山積しています。