変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

都内の感染者数を更新し続けているのは「特段の事情」として、外国人を入国させているから

外国人陽性比率が高くなっている

【空港検疫PCR検査外国人陽性比率】
総数 日本人 外国人 外国人割合
3月 66人 60人 6人 9.1%
4月 80人 68人 12人 15.0%
5月 45人 19人 26人 57.8%
6月 124人 31人 93人 75.0%

引用:水間条項TV

 

今、国内で感染者数が爆発的に増え、毎日最高を更新し続けています。

その原因は色々とあると思いますが、入国を規制しているにも関わらず「特段の事情」として、外国人を入国させていることが大きいことが明らかになりました。

 

数字は嘘をつきません。

PCR検査陽性者数が増えるのと、国内感染者が増えた時期が完全にリンクします。

7月はもっと多くなるのが明らかですね。

 

それと、現在国内で治療をしている人の国籍を明らかにして欲しいです。

日本国民の血税で外国人陽性者を治療しているのも許せないですし、その最前線におられる医療従事者の方々が可哀想でなりません。

 

自らの命や健康を賭して、不良外国人の面倒を見なければならないのですから。

 

もし反対の立場で、日本人の感染者が中国や韓国に入国しても、中国や韓国は治療をせずに、そのまま強制退去させるに違いありません。

 

日本は外国に甘すぎます。

もっと厳しい態度で臨むべきです。

 

厚労省万歳降伏:「特段の事情」入国外国人PCR検査陽性比率公表

 

国民の命と健康を守る為にも、「特段の事情」で外国人を入国させないでください。

いくら日本国民が自重し、我慢していても、これだけ毎日外国人感染者を入国させていたら、感染が収まるわけがありません。

 

日本国民よりも中国人・韓国人を優先させる議員やは即刻辞職してもらいたいです。

公明党自民党に寄生していないで、連立を離れて野党に戻ってください。

 

親中派・親韓派議員はもちろん、外国人参政権を与えようとしている公明党なども、次の選挙で落とさなければなりません。