変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

失敗に終わって欲しいですねぇ

石破茂元幹事長 自民党総裁選への最後の挑戦

この人が自民党総裁(つまり内閣総理大臣)になったら、日本は大変なことになります。

親中派・親韓派である石破氏に、日本国の政治のトップである内閣総理大臣の資格はありません。

 

この人は中国や韓国に何度も謝罪をするといっていますし、あの親中派のボスとの関係も深いです。

 

僕は自民党支持層ではなく無党派層ですが、他の政党がだらしないので、政権担当能力は、今の段階では自民党しかないと思っています。

なので自民党総裁選はとても重要ですし、国の進んでいく方向性を左右します。

 

日本は大統領制ではなく、議院内閣制なので、直接トップを国民が選ぶことができません。

与党議員の選挙によって決まってしまうので、必ずしも望まれた人が総理大臣になるとは限りません。

 

そんな人はこれまでもいました。

例えば、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森元首相や女性スキャンダルで失脚した宇野元首相など、その人選にがっかりしたこともあります。

 

なぜこの人が総理大臣になるのだろうと思いましたが、議院内閣制でトップを選ぶということは直接国民の声が届きにくく、派閥や党内での争いで決まってしまうので、民意が反映されないこともあります。

 

石破氏はこれまで、何度総裁選で敗れてきたでしょうか。

その度にホッとしています。

 

この人に総理の資質はありません。

離党して、野党議員のほうがまだいいですが、それよりも政治家引退が相応しいです。

中国が好きなのだから、日本国籍を捨てて、中国人になったほうがいいかもしれません。