変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

これはどう見ても、警察車両が悪いでしょう

事故原因が警察側にあるのに、そのまま逃走

警察車両(覆面パトカー)が原因の交通事故が発生していたようで、その動画を見ましたが、これはどう見ても、警察が安全確認をしないで車線変更したことによる事故ですね。

 

しかも事故が起きた後も、警察車両(覆面パトカー)は、そのまま走り去っていました。

これは絶対に許されないことですね。

 

 

兵庫県警察の 覆面パトカーの幅寄せによる事故の瞬間

 

口頭で、ああだこうだといっても水掛け論になってしまいますが、このように決定的な証拠があると、言い逃れはできません。

 

2017年に起きた、神奈川県の東名高速道路下り線でのあおり運転による事故で、ドライブレコーダーを付ける人が増えたそうですが、このような決定的な証拠を撮影することができるので、付ける価値は大いにありますね。

 

僕自身、1年くらい前に、自転車を運転していたときに、ふいに駐車場からパトカーが僕の自転車に突っ込みそうになったことがあります。

 

僕は危ないと思い、咄嗟に避けましたが、そのパトカーを運転していた人は前を見ず、よそ見をしてハンドルを握っていたのが分かりました。

 

幸い、僕の自転車もパトカーもスピードがほとんど出ていなかったので、大事には至りませんでしたが、僕はもう少しでぶつかって転倒しそうでした。

 

運転していたのは女性警察官で、「すみません。」と僕に手で合図していましたが、僕も大事にはしたくなかったので、そのまま自転車で走り去りました。

 

「まさか、自分が。」というのが交通事故です。

いつ当事者になるか分かりません。

 

車を運転するだけでなく、自転車はもちろん、歩行者であっても、事故に遭遇する確率はあります。

 

交通事故は一瞬で人生を闇にしてしまいます。

誰も事故を起こしたくて起こしているわけではないですが、自分だけでなく、相手もいることなので、油断せず気をつけていきたいですね。