変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

今日、8月16日は中国の沖縄諸島を含む漁の解禁日ですが

中国が強攻策にでるか、それとも様子を見るか

 中国はアメリカとの経済戦争に疲弊しているようで、アメリカとの同盟国である日本をこれ以上刺激しないように政策を変えていると見せかけて、これまで以上に強攻策に出るかもしれません。

 

「サラミ・スライシング」という言葉があり、少しずつ既成事実を積み重ねていく方針なのかもしれません。

 

二階派議員全50名リスト一覧読み上げます!【テロップ付き】

 

日本が中国に対して強攻策に出れないのも、スパイ防止法を制定できないのも「親中派」と「左派」のせいです。

 

日本には要らない人たちです。

 

中国当局は中国漁船に、「敏感な海域での漁を禁止する」という通達を出したようですが、油断はできません。

中国は漁民を見せかけて軍人も漁船に乗り込ませています。

 

日本との、これ以上の摩擦を避けようとしているのか、それとも日本の出方をうかがっているのか、今の段階では何ともいえません。

 

日本側が、これまでの衝突の中で、中国側の動きを把握しているということで、中国側がビビっているのかもしれないですし、日本とアメリカの関係が強固なことに恐れをなしているのかもしれません。

 

しかし、このままで終わるはずがありません。

 

日本はブレることなく、これまで通り警戒を強め、決して油断してはいけません。

憲法を改正し、国土を守れるようにするしか、中国や韓国・ロシアに対抗できません。