変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

害国人の入国禁止と、国内陽性者の国籍を開示してもらいたい

国民の「知る権利」を尊重すべき

新型コロナウィルスが世界で流行始めた頃から、富士フイルム富山化学株式会社が開発したアビガンが海外で大きな成果をあげたというのは大きなニュースになりました。

 

しかし開発国である日本が実際に使えないという、信じられない矛盾が生じました。

それは薬品に対しての高い法律の壁があったのかもしれませんが、アビガンよりも先にアメリカの製薬会社が開発したレムデシビルのほうが早く認可がおりたというニュースが出て、納得できませんでした。

 

レムデシビルはコロナに効果がないとか、副作用がきついという報道もあったので、なぜこんなにも早く認可されたのか。

これは政治的なことが大きく関係しているようですね。

 

でも僕は絶対にレムデシビルを使いたくはありません。

 

 

「アビガン」承認の次は「PCR検査陽性患者」の国籍の開示です

 

国内感染者の国籍を早く開示してもらいたいです。

テレビしか見ない人(主に高齢者)は、国内の感染者が全て日本人だと思いがちですが、そうではありません。

 

たくさんの外国人が含まれているのです。

そして、その外国人を日本の税金で治療しているのです。

 

中には害国人もいて、日本の医療関係者の方々は、自らの生命や健康を危険にさらしてまで、このような人たちにも公平に向き合わなければならないのです。

 

それはとても可哀想なことです。

 

感染者の国籍を明かすと差別が生じると考えているようですが、それ以前に正しい情報を国民に伝えるべきです。

そして、いかにその害国人が日本にとって「害」であるかということをもっと日本人が正しく認識しなければなりません。