変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

ギャラリーダリアの挿し木に挑戦しました

ダリアは美しくて強い植物

ギャラリーダリア

美しい花を咲かせてくれていたギャラリーダリアの花が終わり、その枝を切って、挿し木にできないか試してみることにしました。

ちなみに、挿し木にしたのは一週間前の10月13日です。

 

挿し木に適している時期は6月なのだそうで、10月だとダメかも分かりませんが、そのまま捨てるよりも「ダメ元」でトライしてみました。

 

 

ルートン

切り口には以前買って置いた、このルートンを使います。

 

 

ルートンを切り口につけた

 切り口にルートンをまぶしました。

 

 

鹿沼土

挿し木の土は鹿沼土がいいということなので、ダイソーに行って鹿沼土を買っておきました。

 

素人考えだと、肥料成分があったほうが根が出やすいように思うのですが、実際は真逆で肥料分が無いからこそ、栄養分を吸収しようとして、植物が根を張るのだそうです。

 

だから鹿沼土がいいということです。

勉強になりました。

 

 

割り箸で穴を開ける

 切り口のルートンが落ちないよう挿す前に、割り箸をポットにさしました。

 

 

穴

 ちょうどいい大きさの穴があきました。

このとき、軽く水をかけて濡らしています。

そのほうが土が崩れず安定しています。

 

 

挿し木完了

そして、切った枝をさして、挿し木にしました。 

葉を切ったほうが水分の蒸発を防げるということで、この後、葉を切り取りました。

 

明るい日陰において、様子を見ることにしました。

 

 

挿し木で芽が出た

そして今日10月20日、見てみると小さな芽が出ていました。

ちょうど一週間ですが、小さな芽がでていたので、きちんと根が張ったのだと思います。

 

ダメ元でやってみましたが、芽がでてくれたことがとても嬉しいです。

これから寒い季節がやってきますが、何とか枯らさないように、しっかりと管理していきたいと思います。