変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

これでダメならもう仕方ない 日本で唯一の薬用 発毛促進剤【モウダス】

日本が敵国である中国と対話することなど無い!

中国も韓国も普段は日本に対抗意識をむき出しにしておきながら、立場が悪くなると、すぐに対話をもちだす卑劣さ

中国が新たに制定した海警法は国際法に合致していません。

明らかに国際法に違反したものになっています。

それを自国の都合のいいように捻じ曲げているのです。

 

中国は尖閣はもちろん、南シナ海で強引に領土領海を広げようとしています。

尖閣は歴史的に見ても日本の領土です。

これは紛れもない事実です。

 

しかし中国や韓国は事実など、どうでも良いのです。

自分たちに都合が良ければ、それが正しいという考え方です。

 

日本がいくら正論をぶつけても通じないのは、そういった考え方があるからで、明らかに儒教の弊害といえるでしょう。

 

媚中派親中派二階俊博幹事長。「尖閣諸島を手放せ!」その他にも多くの反逆者が!

 

中国や韓国が恐れているのは、「力による制圧」です。

日本がおとなしすぎるので、はっきりいって舐められています。

日本政府は日本の正当性を全世界に広め、力を持って領土を守っていかなくてはなりません。

 

『弱い犬ほどよく吠える」というように、普段はギャーギャーなきわめく中韓も相手が自分たちよりも強いと分かると、途端にしっぽを巻いて退散する国民性です。

 

対して日本人はたとえ相手が自分たちよりも相手が強くても、玉砕覚悟で最後まで戦う民族です。

中国の人民解放軍や韓国軍よりも、自衛隊のほうが士気が高く、力が上です。

相手が攻撃してくれば、確実に全滅させられる能力をもっています。

 

中国と韓国を決して許してはいけません。

まずは日本国内にいるスパイを逮捕し、媚中派・媚韓派議員を排除し、中韓に制裁を加えていくべきです。

 

今なお、中国や韓国から逃げ出さずにいる日本企業は、自己責任でお願いします。

人質になっても、決して政府に頼らないよう、骨を埋める覚悟で商売をしてください。

東証一部上場企業(株)北の達人コーポレーションリピート率93%!にごり爪・変色爪の根本対策には『クリアネイルショット アルファ』
プライバシーポリシー お問い合わせ