変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

政府は「特段の事情」による入国を止めない!

国民の大多数が猛反対しているのに、どうして政府は中韓人を入国させたいのか

媚中派、媚韓派議員を駆逐しないと日本国民の安全は保証されない

 

「『特段の事情』による外国人新規入国」

 

政府は「特段の事情」で害国人の入国を止めません。

今日本には300万人以上の中国人が既に入っているということですし、北海道や新潟などたくさんの土地が買われています。

 

基地を作ろうとしているのではないでしょうか。

こんな危険な国の人間を政府はどんどん入国させているのです。

絶対に止めさせなければなりません。

 

これはもう中共による戦争準備なのではないでしょうか。

中国には「国防動員法」なるものがあって、外国にいる中国人は有事の際に適用され、中国人民解放軍として行動することになるようです。

 

考えただけでも恐ろしいことですが、現に今はアメリカのカナダ側とメキシコ側の国境付近で人民解放軍が集結していて、アメリカ側は一歩でも入ったら銃撃すると警告しているそうです。

 

こんな映画のようなことが実際に起きているのです。

日本はメディアが封殺されてしまっているので、多くの国民は知らないまま日常を過ごしていますが、それが知らされたときには既に手遅れです。

 

 

メディアでは報じませんが今、日本では小学生がたくさん行方不明になっています。

これは日本だけでなく、アメリカでも同様に多くの子供が行方不明になっています。

このような重大な事件が全く報じられないことが、信じられません。

 

以前静岡県で、中国籍の女が逮捕された件がニュースになっていましたが、そんなのは氷山の一角です。

 

警察はいったい、何をやっているのでしょうか。

あるニュースによると、日本人の数を少なくして、日本を侵略しやすくなるということのようで、世界中でこのようなことが起きているようです。

 

どこの国の力が働いているか、誰の目にも明らかです。

今回のアメリカ大統領選挙で、ここまで中共に飲み込まれているのかと改めて脅威に思いましたが、決して日本も例外ではありません。

 

既に多くの中共スパイが日本にいるのです。

今年、日本は衆議院選挙がありますが、中共のいいようにされるかもしれません。

 

和歌山3区の皆さん、国の為に票を投じてください。

媚中派老害を4年前に当選させたから、今日本がここまで危機に瀕しているのです。

アメリカの大統領選挙でも中共が関与していましたが、今年の衆議院選挙で中共も同じ手を使うかもしれません。

 

票を集計するために使われたドミニオンが危険なことが改めて分かりました。

デジタルは便利ですが、使い方を誤ると、とんでもないことになります。

やはりアナログのほうがいいことも多いですね。

 

政府は「デジタル庁」なるものを作ろうとしていますが、それはとても危険です。

国民の情報が全て中共に抜き取られてしまいます。

絶対に阻止しなければなりません。

 

昔からある「印鑑」も手間ではありますが、いいところもあるのです。

何から何まで便利になりすぎると、大きな弊害が生まれてしまいます。

 

日本が中国に乗っ取られるのを、何としても阻止しなければなりません。

そして日本だけでなく、世界中が中国人の恐ろしさを身にしみて分かったと思います。

日本は故田中角栄元首相が中国との国交を結んだのが大きな誤りでした。

中国人を決して信用してはいけないのです。

中華思想」は世界で一番恐ろしい思想です。

 

日本版ウイグル人権法の署名のお願い

面白い猫ですね!

猫は寒さにも強い

雪の中グイグイ前進!付いたあだ名は“ラッセル猫”(2021年1月22日)

 

猫はこたつで丸くなるのではなく、雪をかき分け力強く前進しています。

僕も猫を飼っていたことがありますが、雨はもちろん雪も苦手で、冬は家から一歩も出ませんでした。

 

マタタビまさかの新発見 ネコが大好きな理由が判明

 

猫が好きなものといえばマタタビですが、その理由が大学の研究者によって解明されたようです。

猫は本能的に、虫除けになることを知っているのでしょうか。

 

僕が飼っていた猫は、爪とぎをするときに、なかなか爪とぎ器(100円ショップで買った段ボールのようなもの)を使ってくれませんでした。

しかし、マタタビの粉を爪とぎ器にふりかけると、すごくよく使ってくれました。

 

マタタビの匂いが好きなんだろうな、くらいしか思っていなかったのですが、こういった理由があったのですね。

勉強になりました。

 

【猫の不思議な話】ある日、突然黒猫の言葉を理解し、そしてショックを受けた しかし、うちの子になるかい?と聞いてみると・・【朗読】

トランプさんとバイデンとの「人となり」の違いがはっきり出ていますね!

バイデンは州兵を地下駐車場にほったらかしなのに大使、トランプさんは自らのホテルで手厚くもてなす

・バイデンのような奴に、人はついていかない!

・あまりの違いに、人に対してどう考えているかがよく分かる

・トランプさんの元で働きたいと思う人は多いでしょう

アメリカ大統領就任式は、いつも以上に警備の数が多くて、物々しい雰囲気でした。

先日も書きましたが、まるでお通夜のような雰囲気で祝賀ムードはゼロでした。

ワシントンには大量の州兵が動員され、警備にあたっていました。

 

この写真は州兵が仮眠しているところですが、地下の駐車場でトイレも不十分で、全員雑魚寝状態です。

もちろん、実際の戦場ではこういったことは当たり前かもしれませんが、戦場ではありません。

就任式の警護にあたっているだけです。

 

見かねた善意ある人がピザを差し入れた動画がありましたが、何ともお粗末といいますか、バイデンが自らの警備にあたってくれた州兵たちを「人扱い」していないのがよく分かりますね。

認知症が進みすぎていて、そこまで気が回らなかったのかもしれません。

 

 

州兵たちが議事堂を追い出された原因は下院議員とのマスク・トラブル?――トランプ元大統領はホテルを無償提供そして就任式後も続々と州兵がDCに到着

 

対するトランプさんは自らが所有するホテルを無償提供しているということで、天と地ほどの違いがあります。

トランプさんが元々富豪というのもありますが、こういった細かな心遣いができる人ですね。

だから、軍からも信頼されているのだと思います。

 

コロナが収束して、また世界中に旅行に行けるようになったら、アメリカに行って、トランプタワーやトランプさんの所有するホテルやゴルフ場などにも行ってみたいです。

 

4年の任期の間、一度も戦争を起こしていない希有な大統領です。

人の血が流れるのを嫌い、軍を発動させなかったのだと思います。

 

【米軍】ジョー・バイデンの車列に背を向けるの軍隊

 

バイデンを乗せた車が走るとき、軍の兵士の殆どが背を向けていたのは衝撃的でしたね。

これもしっかりと中継に映し出されていました。

 

 うっかり州兵さんのインタビュー