変色爪(にごり爪)を自力で治す男のブログ

日本大好き!!! 日本人で良かった!!

AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

海外からも賞賛の声

日本の防疫政策

news.goo.ne.jp

 

新型コロナが流行し始めた頃、日本政府の対応を欧米メディアが酷評していました。

 

特にダイヤモンドプリンセスでの日本政府の対応は人権無視だ、船内でウィルスを培養している、などと大きく騒いでいましたが、今ではどうでしょうか。

今では正しかったといえるのではないでしょうか。

 

ダイヤモンドプリンセスに乗船していたドイツ人夫婦が防衛省への感謝の手紙を送っていますし、ロシア人医師も日本の対応はとても素晴らしかったと絶賛しています。

 

 

前例のない非常事態で、日本はとてもよくやったといえるのではないでしょうか。

もし、諸外国が日本と同じ立場になって、日本のような対応ができたでしょうか。

 

アメリカなど、いくつかの国は日本と同じ状況になりましたが、対応がひどかったようですね。

韓国などもそうですが、日本を批判すると全てブーメランとして返ってくるようです。

 

世界で初めて、このコロナに対応して、まだ不十分だったデータを集められたということも大きかったのだそうです。

 

日本は検査が少ないから感染者数や死者を隠蔽していると、さんざん諸外国が文句を言っていましたが、今のところ日本の対応が大正解だったのではないでしょうか。

 

今回の病気に対して、統一された対処法というものが無く、それぞれの国に合った方法があったのは間違いありません。

 

日本が世界でダントツのCT保有国で、大病院だけでなく、個人病院にもあります。

毎年日本人は肺炎による死者が多いので、CTが普及していて、今回のコロナも精度の低いPCR検査よりも精度の高いCTで検査したのも良かったのだと思います。

 

これはCT保有率の高い日本だからこそできる方法なので、諸外国が真似しようとしてもできません。

 

「人に感染しない」とか「マスクは不要」などのWHOの初期の報告を世界が真に受けて大きな被害を生んでしまいましたが、このコロナ対応において、日本政府は日本の専門家の意見を聞いて実行したのが良かったのではないでしょうか。

 

検査キットが唯一ご自慢の韓国は、やたら検査数の多さを自慢し、世界で一番防疫に成功した国だと自画自賛していましたが、それは全く違います。

多くの感染者と犠牲者を出していますし、今はドライブスルー検査を止めて日本のように重症者を重点的に検査しているとのことです。

 

ノージャパンなのに、日本の真似はするようです。

いくら検査数を増やしても、治療するわけではないので意味がないという日本の専門家の意見は正しいと思います。

 

まだ特効薬やワクチンが開発される前の段階で、大切なのは開発されるまでの時間稼ぎをすることであり、感染者を増やさないように国民が責任ある行動が求められました。

 

諸外国ではロックダウンが行われましたが、日本は法律上できないので、「強制」ではなく「要請」だということで、強制力のない政策は必ず失敗する、2週間後東京はニューヨークのようになると海外のマスコミは言っていましたが、そうはなりませんでした。

 

それは政府の政策に従う、日本国民の秩序と自制心の高さのおかげではないでしょうか。

安倍首相が世界に先駆けて早めに全国の学校の休校を支持したのも良かったと今では思います。

その時は大きな反発がありましたが、今は正しかったといえるのではないでしょうか。

 

しかし日本は初期対応に失敗したのは確かですし、まだまだ油断できません。

 

今回のコロナにおいて、防疫に成功したのは韓国ではなく、間違いなく台湾ですし、もしベトナムの出すデータが正しいのであれば、死者を一人も出していないベトナムも加えられます。

この両国は普段から、中国の動きに注意を払って監視していたということです。

 

過去のSARSでの失敗が活かされているのだそうです。

日本も今回の失敗を教訓として、未来に活かして欲しいですし、しっかりとデータを蓄積して分析されていると思います。

 

先日、中国の新規感染者数が久しぶりに0になったというニュースが報じられていましたが、こんなの信じるのは日本だけです。

他の国は一切信じないですし、中国が隠蔽したりデータを改ざんしているのは共通認識です。

 

日本が世界の言うとおりに行動していたら、今頃もっと被害が拡大していたと思います。

 

何故、欧米に比べ発生源の中国に近い日本で、ここまで被害が大きくなっていないのかということについて、色々なことが考えられると思います。

 

1.先ほども書きましたが、CTの普及率が高い

2.意味のない全数検査を実施しなかったので、無駄に感染者を増やさなかった

3.モラルが高い日本人の国民性

4.日本人の昔からの習慣(手洗いやマスク・うがい・家では靴を脱ぐ)

5.ハグやキスなど、接触をしない

6.BCGワクチン(日本株)も有力らしい

7.初期段階での政府のクラスター潰し

8.中国製・韓国製の低品質な検査キットではなく、高品質な日本製の検査キットがある

9.アビガンやイベルメクチン・ナファモスタットなど、効果のある薬を既に開発していて、特効薬が開発されるまでの臨床試験を繰り返して、実際に命を救った

 

などが挙げられるのではないでしょうか。

 

日本は初期対応を大きく失敗しましたが、今のところ最悪の事態は免れているように思われます。

しかし、まだまだ油断できないですし、第二波・第三波・第四波・・・。など、いつまで続くか分かりません。

 

headlines.yahoo.co.jp

それと韓国では5次感染しているようですし、これまでと違い、より感染力と毒性の強いコロナウィルスが蔓延しているので、当然ながら入国を許すべきではありません。

感染源でデータを隠蔽している中国はもちろんです。

 

中国人や韓国人は日本に入国したがっているようですが、日本にとってメリットはないですし、迷惑でしかありません。

上手くいっている日本を逆恨みし、バイオテロのように感染者を入国させて、感染爆発を狙っていないとは、決していいきれません。

 

今の中共は何をしてくるか分かりません。

 

特効薬やワクチンを開発することが急務ですが、それよりも重要なのは「人(外国人)を入国させないこと」です。

それを成功例として示してくれたのが台湾です。

 

台湾は日本にとってお手本となる政策をしましたし、日本に大量のマスクを送ってくれました。

日本にとって恩人であり、先生と呼べる国です。

 

価値観の合わない韓国との国交があって、お互いの価値観の合う台湾との国交が断絶されたままだということが未だに残念でなりません。

 

今は「人=ウィルス媒介者」という認識をもっておくべきではないでしょうか。

目には見えないものなので、そのように意識すべきだと思います。

これまでのような頻繁な行動は抑制され、脱グローバル化で、国内で経済を回していく時代になるのかもしれません。

 

ある記事によると、今回のコロナは一度罹ってしまうと、もう二度と完治はしなくて、症状が治まったように見えても、また呼吸困難などの症状がぶり返し、他人に感染させながら命を落としていくのだそうです。

 

それが本当ならとても怖いことですが、人類がこのウィルスに勝ってくれることを心から願います。

 

経済と命の両方を救わなくてはならないので、とても難しい判断が要求されますが、日本政府には中国や韓国に忖度しないで、正しい判断をして欲しいです。

誤った政策をすると、また尊い命が失われ、大きな経済損失にもつながります。

 

韓国感染爆発か!?…1300人が勤める物流センターで感染確定