AGAに行く前に 満足度が高い育毛剤№1

ついにアメリカが名指しで批判

親中・媚中派の議員や閣僚たち

日本は外圧がかからないと変われないところがあるので、こういったアメリカからの批判は心強いですね。

 

アメリカが政党などの団体を批判することはあっても、今回のように個人名で批判するのは珍しいですが、それだけ名前を挙げられている人たちが悪いのだと、鋭く見られているからではないでしょうか。

 

二階氏、今井氏、以外の名前も公開!CSIS媚中派議員を名指しで批判!二階氏は恐怖で動けない今!日本の『脱中国』が加速する!

 

日本の国益の為にも、日本にいる諸悪の根源を絶たなければなりません。

「引退」では生ぬるい。

 

これまで日本と日本国民に大きな被害を出したのだから、逮捕は当然です。

ニートラップやマネートラップも「賄賂」に違いないのだから、収賄罪で逮捕・起訴できるのではないでしょうか。

 

警察も国会議員だから手が出せないというのでしょうか。

 

そうだとしたら、アメリカが故田中角栄ロッキード事件で逮捕させたように、アメリカによって裁かれるべきなのかもしれません。

 

ある記事によると、親中派のボスは奥さんの病気が悪化し、中国に臓器移植をしてもらって、その恩があるということです。

 

そんな個人的なことで、日本をここまで陥れたのは許せません!!